情報開示基本方針

1.情報開示の基準

 当社は、法令および東京証券取引所が定める「上場有価証券の発行者による会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「開示規則」)に沿って、情報開示を行っております。

2.情報開示の方法

 「開示規則」に該当する情報は、東京証券取引所への事前説明を行った上で、東京証券取引所の提供する「適時開示情報伝達システム」(以下TDnet)により公開されます。

3.ホームページへの掲載

 TDnetによる情報公開後、開示した同一情報を速やかに当社ホームページ「IR情報」に掲載いたします。開示義務のない情報であっても、当社の理解を助けると判断した情報については、逐次ホームページに掲載してまいります。

4.対面での情報開示

 情報開示の公平性を保つため、個別面談時の説明内容ならびに決算説明等の会社説明会での説明内容は発表済の範囲に限ります。

5.沈黙期間について

 米国には決済発表直前に「沈黙期間」を設けて、決算発表資料準備中に株価に影響のある情報が洩れることを防ぐため、決算に関する一切のコメントを控える習慣があります。
 当社でも、決済発表前1か月間を「沈黙期間」として決算に関するコメントや質問への回答は差し控えることとしております。ただし、「沈黙期間」中に既に発表した業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、「開示規則」に従って適時開示することとします。