コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

 株式会社東邦システムサイエンス(略称TSS,以下「当社」)は、良きコーポレートガバナンスの 実践が取締役会の株主に対する最高の責務であると考えております。
 当社の経営目標は、顧客に最良のサービスを提供することで顧客の利益を最大化し、従業員、 地域社会等の満足を得ることで、企業価値を高め、もって中長期的な株主価値を高めていくこと であります。
 そのためには、企業の継続性(Sustainability)と経営活動の効率化を追求し、また、 企業内容の適正な開示と経営の公正かつ忠実な遂行が求められます。
 つまり、「健全で強い企業(Sound and Strong Company)」を作るということに帰着します。
 当社は、これを実現していくため、取締役会の決議を得て「TSSコーポレートガバナンス原則」を制定し、 取締役会が良きコーポレートガバナンスを実践していくための指針として、また取締役会メンバー一人 ひとりの自己規律を実現する礎とするものであります。

TSSコーポレートガバナンス原則

コーポレートガバナンス報告書

コーポレート・ガバナンス体制図